ギター買取 査定鑑定術

ギター買取 査定鑑定術

様々な理由で不要になったギターを買取に出すことを考えている方もいるかと思いますが、その際にはギター買取の主な流れを事前に把握しておくとスムーズに買取に出すことができます。

 

ギターを買取に出すに当たってまず最初にやるべきことはギターの買取方法に関してで、ギター買取には主に店頭買取・宅配買取・出張買取があります。

 

例えば店頭買取ならその場で売ることができるのですぐにお金が手に入るメリットがありますし、宅配買取なら自宅に居ながら売れるのでお店に行く手間が省けるメリットがあるので、そういった各買取方法の違いを踏まえて自分に合った買取方法を選択してください。

 

どの買取方法を利用するか決めたら次に行うべきはギターに関する情報の確認で、具体的にはどのメーカーのどのモデルか確認をして、その上で傷などが無いかも調べておくと良いです。

 

もし汚れがあるならそれは事前にしっかりと取り除いておいて、ギターを査定に備えておきます。

 

そこまで終わったら後は利用する買取店を決めるだけなので、各買取店の買取価格を調べて良いと思ったところを利用するようにしてください。

 

ネット上にはギターの一括査定サイトなどもあるので、少しでも高く売りたい場合には一括査定サイトでいくつかの買取店を比べて高く売れるところを選択するといいです。

 

あとは店頭買取なら売りたいギターをお店に持っていって査定してもらい、宅配買取なら買取に申し込んでギターや必要書類を梱包して発送するだけです。

 

出張買取の場合は予約した日時に自宅に買取店の人が来たらその場で査定してもらうだけなので、どの買取方法についても簡単に利用することができます。

 

 

使用しなくなったギターを買取に出すことを検討している方も多いかと思いますが、その際には注意するべき点があるので事前にその点を把握しておくことが好ましいです。

 

具体的にはギターを買取に出す際には売りたいギターについてしっかりと調べるように心掛け、売りたいギターに関する正確な情報を集めるように心掛けてください。

 

きちんとギターのメーカー名やモデル名を把握しておかないと、査定に出したものの実はメーカー名やモデル名が違っていて査定額が全然違うという場合もあります。

 

店頭買取であれば査定額に納得できなくても気軽に断ることも可能ですが、宅配買取の場合にはキャンセル時に返送料が発生する場合もあるので注意が必要です。

 

ギターのメーカー名やモデル名を確認するだけでなくホコリや汚れが無いかしっかりと確認することも大切で、

 

ホコリや汚れが付いたままの状態で買取に出すと減額される可能性もあるので、やり過ぎて破損させたら元も子もないですが目立つ汚れは事前に取り除くようにしてください。

 

またギターに付属品がある場合にはそれらが欠品していると減額される可能性が高いので、ギターを買取に出す時は可能であれば付属品をちゃんと揃えて忘れないように注意してください。

 

あとは買取に出す時にギターが壊れてしまうと買取不可になったり査定額が大幅に減額されてしまうので、輸送時の破損については細心の注意を払う必要があります。

 

店頭買取の場合はきちんとケースに入れて持っていく時にぶつけたりしないよう注意する必要がありますし、宅配買取の場合にも輸送中に壊れないように梱包する必要があります。

 

上記の注意点を把握しておかないと思い掛けない失敗に繋がる可能性があるので、ギターを買取に出す時にはその点を意識するように心掛けてください。

 

 

ギターを買取に出す時には査定ポイントが色々とあるので、今回はそれらの点について詳しく書きたいと思います。

 

例えばギターのメーカーやモデルについては特に重要な査定ポイントで、同じギターであってもどこのメーカーのどのモデルかによって査定額に大きな違いが発生するのがギター買取です。

 

またギターのメーカーやモデル重要な要素なのですが、それに加えてギターの製造年も査定ポイントとして挙げられ、メーカーやモデルが同じであっても製造年によっても査定額に違いが出る場合もあります。

 

そのためギターを買取に出す時はメーカーやモデルに加えて製造年についても把握しておいて、その上でギターの査定額を調べるようにした方がいいです。

 

ギターの状態がどれだけ良いかという点も査定ポイントで、状態が悪いギターよりも状態が良いギターの方が当然の話ですが査定額は高くなります。

 

ギターに傷や破損が無いのかどうかという点に加えて、ホコリや汚れが付いていないのかというのも査定ポイントとなります。

 

また単純に傷や汚れだけではなく付属品が有無といった点も無視することができない査定ポイントの1つで、モデルや製造年も同じギターであっても付属品が揃っているのかどうかで査定額には違いがあります。

 

あとは付属品に加えて保証書の有無についても大切で、特に価値があるギターの場合は保証書の有無は大きく影響するので付属品や保証書は揃っていることが好ましいです。

 

メーカー・モデル・製造年だけではなくてギターの状態や付属品・保証書の有無など様々な査定ポイントがあるので、ギターの買取を考えているのであれば査定ポイントについて意識しておくと良いです。